ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【ギターを綺麗に聴かせるためのテクニック】第一弾 音のバランス(メロディー)

先日ギターレッスンが夏休みに入るため終了しました。最近は全くブログの内容が思い浮かばずずっと書いていませんでしたが、レッスンが終わった今、何を教えてもらったのかなと考えた結果こんなことを書こうと決めました。

レッスン中に指摘されたことでこれをしばらくの間意識しながら練習していたところ、だいぶメリハリがついてきたように思います。自分で勝手に思ってるだけかもしれませんが…

 

メロディーを際立たせる

コードメロディーやフィンガースタイルギターを弾く場合メロディー、コードバッキング、ベースを一緒に弾くのですが、その中で一番重要なところはメロディーですよね。いわゆるこれがボーカルのようなものです。Youtubeなどでとっても上手な人を良く見ますが、やっぱりメロディーが際立ってます。逆に上手なのに何か物足りない人はメロディーとほかのバランスが悪くメロディーが際立っていません。

 

僕が改善したことはメロディーを弾く指の第一関節を固める事です。今まで優しく弾くことに意識が行き過ぎてはっきりと弾けていなかったようです。最初は音量も少し大きく弾くような感じでやるとメロディーへの意識がしっかり行きます。やっていくうちにいい感じのボリュームが見つかると思います。

 

もう一つ合わせてやるといい事を紹介したいと思います。

 

それはゆっくり弾くことです。自分もそうですが、出来てないにもかかわらずつい速く弾きたくなってしまいます。そこを何とか抑えて、というかメトロノームを遅く設定してそれに合わせてすべての音が綺麗に弾けるようになるまでやってみましょう。

 

それが出来るようになると意外に速く弾いても弾けます。速く弾くための近道は遅く弾くことだという事です。

 

ぜひ試してみて下さい。