読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【ギターを弾くための音楽知識】 スラッシュコード、オンコード

前回のブログで綺麗な音で演奏する事を書きました。そこが原点だし一番重要な要素だと確信しています。いくら音楽的に優れた事を知っていようがそれを音に出せようが音の質がなければ人に感動を与えることなど出来るわけもないし、もちろんそれでは食べてはいけません。

 

www.masa-guitarjourney.net

 が、オリジナリティを出すためにはいろいろ知っていないといけないところもあるかと思います。そこで今僕がいろんな角度から考え試しているコードについて少し書きたいと思います。

 

アドリブで弾くことやジャズを弾くこともこのコードをもっともっと知っていく事が重要な事だと考えています。前回インバージョンについて書きました。 

www.masa-guitarjourney.net

今回は皆さんも見た事があると思いますがスラッシュコード/オンコードの事について僕の知っている範囲で解説します。

見た事あるけど何の事だろうと思ったことはありませんか?理屈は分かってもどうすればいいんだろうと思っていませんか?

 

すべてはお伝えできませんが何かの参考になれば幸いです。一度読んでみて下さい。

 

スラッシュコード/オンコード

言い方の違いです。僕はオンコードといういい方の方がなじみがありますがどちらでもいいと思います。もしかしたら他にも呼び方があるかもしれません。

 

簡単に言えば最初に出てくるコードがピアノでいう右手、後のが左手。最初がギター、後がベース。と言えばいいでしょうか?

 

このコードはピアノの楽譜ではよく見ます。ベースプレイヤーがいる場合などでギターで表現するときは書いてある最初のコード(F/G)ならFのコードを弾けばベースプレーヤーがGを弾いてくれるため何の問題もありませんが、ギターのみで弾くときはそのコードの機能が変わる事もたまにあるので弾ければより細かく表現できるようになります。

 

前回紹介したインバージョンの場合C/Eなどベース音がそのコード内の音の場合はそのままCを弾いても問題はあまりありません。この場合はコード自体の機能は変わらず響きが変わったり、コードチェンジをスムーズにさせるためという方が強いと思います。(あくまで僕の感覚の話ですのでそれが正しいかはあなたの判断に任せます)

 

スラッシュコード/オンコードの例

僕の好きなものを2つ例に出して紹介します。

 

F/G

Fのトライアドの上にFから見たら2ndにあたるGの音をベースにするコード。

これはベースのGから見た場合FのトライアドであるF(dominant7) A(9th) C(11th)となりG7の機能を持ちます。押さえ方は6弦3フレット、4弦3フレット、3弦2フレット、2弦1フレットです。何かの曲でG7が出てきたときに使ってもいいです。ピアノの楽譜だとよく出てくるコードだと思います。かっこいいので是非覚えましょう。

 

Am/D

Amのトライアドの上にAから4度上の音Dをベースに持ってきます。

Dから見るとAmのトライアドの音A(11th) C (dominant7th) E(9th)となりこれもD7と同じ機能を持ちます。もちろんD7の時にも使えます。押さえ方は5フレットを5弦から2弦まで制覇します。1弦も鳴らしてもいいです。これもピアノの楽譜でよく出てくるコードです。

 

音の関係性やその機能を理解するといろんなコードを自分で作れるようになります。ギターの指板上でもそういったことを意識しながらやってみるといいかと思います。なかなか難しい事で僕も少しずつやっています。すべてを一気にはやれないと思うので、少しずつ一つ一つ理解していきましょう。

 

まだまだ奥深いスラッシュコードです。いろいろと研究しながら自分の好きな響きのコードを見つけましょう。