ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【ギターが上手になりたいあなたへ】 中級編 コードインバージョンを覚えて幅を広げましょう

今回はコードインバージョンについて書いてみようと思います。

 

ソロギターのアレンジをやっていると必ず使わないといけないときが来ます。メロディーノートをトップの位置に持ってくるように弾こうとしても普通のコードだとなかなかうまくいかない事が出てくるからです。

 

インバージョンをマスターすれば普通の弾き語りなどでもコード進行をスムーズにしたり、少しかっこいい響きのコードになったりします。もう一つ上のレベルのアレンジをしたいあなたインバージョンを勉強してみる事をお勧めします。

 

インバージョンとは

簡単に言うと音の順番を変えて弾くという事です。

 

5弦3フレットがルートのCmaj7を考えてみて下さい。

 

上からC(ルート)G(5th)B(M7th)E(3rd)となっています。

この順番をE(5弦7フレット)B(4弦9フレット)C(3弦5フレット)G(2弦8フレット)とします。これがCmaj7の1stインバージョンです。音はCmaj7なのでその機能は変わりませんが、順番が変わる事によってかなり響きが変わります。特にこの押さえ方ではCとBのセミトーンが隣に来るため面白い響きになります。

 

同じように2ndインバージョンはG(5弦10フレット)C(4弦10フレット)E(3弦9フレット)B(2弦12フレット)となります。

 

3rdインバージョンは音が高くなるため下の方に戻ります。エレキギターなら上の方でも弾けると思います。その場合はそのまま12フレット上げてください。B(5弦2フレット)E(4弦2フレット)G(3弦開放)C(2弦1フレット)

 

ここでは5弦にルートを置いて例を出してみましたが、同じように6弦ルート、4弦ルート、6弦ルートで5弦をとばす押さえ方、5弦ルートで4弦をとばす押さえ方などいろんなバリエーションが出来ます。

 

同じようにm7thコード、ドミナント7thコード、m7(♭5)コードでもやってみてください。同じコード進行でも今までにない響きのコード進行が作れると思います。

 

ちなみにスラッシュコード、オンコードと言われているものはこのインバージョンが含まれています。特にピアノの楽譜ではこう書かれてあるんじゃないかと思います。

 

例えばCmaj7の1stインバージョンならCmaj7/E とかCmaj7onEなどと書いてあります。昔僕はこのオンコードの意味がまったく分かりませんでした。もしそれが解らないあなた、こういう事です。

 

ちなみにオンコードの場合はインバージョンとは全く違う意味で書いてあることも多いのですべてがインバージョンではないという事を理解しておいてください。

 

という事で次回はこのオンコード、スラッシュコードを僕のわかる範囲で出来るだけわかりやすく書いてみたいと思います。

 

すべての事に言える事ですが、覚えただけでは使えるようにはなりません。自分なりに使い方を探って反復してみましょう。やっているうちに自分の物になっていくと思います。

 

ちなみに僕は曲をどんどんアレンジしています。その中に知っている知識を組み込むことによって自分の好きなアレンジが出来たり知識が身になっていくと思います。少しずづやっていきましょう。