ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【ギターが上手になりたいあなたへ】 For All Levels 優しく弾くために力をつける良い姿勢を身に着ける

 

力を抜くためには力がないといけないと僕は思っています。ギターで美しい音を出そうとすると優しく弾く必要があります。それは、ただ軽く弾くのとは違います。

 

何を言ってるんだこの人は?と思われるかもしれませんが、力をコントロールするという事です。

 

 

軽いものを持ち上げる事と、重いものを持ち上げる事を想像してみて下さい。

 

軽い物ならば自分でコントロールでき、自由自在に操れますが持ち上げるのがやっとというような重たいものはコントロールできませんよね?そんなイメージです。

 

良い姿勢を保つこと

ある程度の筋力がないといい姿勢を保つことは出来ません。逆に言えばそれが出来れば筋力があるという事です。一度自分の姿勢を意識してみて下さい。そして気付いたところを直すように努めるとそれが軽い筋トレのようになると思います。続けていけば意識しなくてもその姿勢が保てるようになってきます。

 

そうやって意識していけばいい姿勢になり何事にも対応できるようになっていくと思っています。

 

それがギターを弾く事と何が関係してるのか?

 

コントロールをするという事です。微妙な音の力加減などそういったところがギターの音に出てくると思います。前回丁寧な仕事をするという事を書いてみましたが、このコントロールが出来るようになればなるほどより丁寧に弾けるようになると思います。

 

見た目がかっいこい

良い姿勢の人ってかっこいいと思いませんか?

 

ステージに立って演奏することを想像してみて下さい。猫背で背中が丸まってギターを弾いてるのがかっこいいか、いい感じに肩の力が抜けてシュッとしてる方がかっこいいか一目瞭然だと思います。

 

個人的には見た目も大事ですがそれ以上にいいパフォーマンスをするにはいい感じに力が抜けていないといけないと思っています。

 

健康上もいいと思うし、良い姿勢を意識してみてはどうでしょうか?

 

 

 

  

canada-de-tatakaunihonnjin.hatenablog.com

masaichigo.hatenablog.com