読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【ギターが上手になりたいあなたへ】 丁寧にやる事の重要さ、次のレベルに上がる為に意識する事

ふぃんがーぴっきんぐちゃれんじ パフォーマーとして マインドセット 一発撮り動画

 

ある程度のレベルまではとりあえずやってれば上がれると思いますが、そこから上へ行くにはやっぱりいろんなことを考えてやっていかないといけないなとつくづく感じています。

それを理解し実現してる人が、人を感動させるような素晴らしいものを作ったり多くの人に感謝をされる人なんではないかと思っています。

 

そこで今回のテーマは丁寧にやる事を上げてみようと思います。

 

気づくか気づかないかの違い

心から感動するようなものに出会ったとき、それがなぜ起こったのか考えたことがあるでしょうか?

 

想像を超えてただただ感動するといったものは自分の許容範囲を超えているので今の時点では分析など出来ないと思うのですが、日常に起こるほんの些細な感動は分析することでいろいろな事が解ると思っています。

 

まずはしっかりと見て聞いて感じてそれに気づくという事を意識してみましょう。

 

丁寧さが伝わるもの

先日上野にある東京国立博物館に行ってきました。そこにある展示物は当たり前なんですが、その建物にも圧倒されました。

 

本当に隅々まで丁寧な仕事がされてます。僕は自分の職業柄いろんな建物をじっくりと見てしまうんですが、本当に丁寧にやってるというのが伝わってきました。

 

よく、あの人は手先が器用だからとか、技術が凄いとか聞きますが僕はそれよりもどんだけ丁寧にやってるかだと思っています。

 

それをやっていくうちに技術が身に付き時間短縮や質の向上があるんだと思っています。もし自分にはセンスがないとか向いていないと思っている方、まず目先の事を丁寧にやってみてはどうでしょうか?その事で気付くことがたくさん出てきてどうすればいいのかがはっきりしてくると思います。

 

段階を踏んでいく事

かと言ってすぐにやれるようになるものでもありません。前回のブログでも書きましたが、まずはしっかりとしたイメージを持つこと。それが出来たらそれを丁寧にやる事を心がけるようにしてみて下さい。

 

時間はかかります。でも、それは絶対に無駄な事ではないと思います。

 

丁寧にすることを習慣づければ、どんな事をしてもいいものが作れるようになると思います。ものづくりだけに限らず人間関係やサービスの提供などすべてに当てはまると僕は考えています。

 

段階を踏んで少しずつ少しずつ進めていく事だと思います。出来る事を丁寧にやる事です。出来ない事はまだ出来ないのでそこは焦らず少しずつ出来るようにしていきましょう。

 

目指すところ

今日できる最大限の力を精一杯丁寧に続ける事。これを毎日繰り返していく事がある日誰かに感動を与えれるようなものを作れるようになる事だと信じています。

 

もしかしたらその日は来ることはないかもしれません、がそれを求めて続けていく事が楽しみを見つけ幸せに毎日を過ごせることだとも思います。疲れた時は休めばいいと思います。休むことも中途半端じゃなくとことん休む事。

 

そうやって生きたいなと思いますがどうでしょうか?

 

今日から今あなたがやっていることを少しでも丁寧にやってみませんか?