ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【ギターが上手になりたいあなたへ】 ギターを好きになる

皆さんいろんな練習法をいろんなところから情報を仕入れて考えながらやってると思います。綺麗な演奏をするためにはやはりある程度のテクニックが必要になってきます。

 

 

 ただそんな事を言ってもすぐそのテクニックが付くわけではありません。毎日少しづつやっていく事の結果それが叶うのです。では、それをする為に何が必要なのか?

 

それは

 

ギターを好きになる事!!

 

それに尽きます。楽しんでやれば努力も努力と感じません。ギターに限らずなんでもそうですがまず好きになる事です。

 

こんなことを言うのはどうかと思うんですが、僕の考えでは面白くない練習は無意味なのでやらない方がましです。今はYoutube などで無料で見れるレッスンはいくらでもあります。その中から今の自分に合ったものを選んでやりましょう。

 

ギターを好きになるために僕がやってきたこと。

 

コピーをしまくる

自分の弾きたい曲、かっこいいと思う曲をどんどんコピーしましょう。コピーをする事によってステージに立つことが出来ます。ステージに立つという事は人に見てもらうので練習にも身が入ります。

 

それにやっぱり曲が弾けるようになると楽しい。自分があの曲を弾いてる所を想像してみてください。

 

勝手についてくるテクニック

コピーをする事によってその曲を弾くためのテクニックが勝手についてきます。実際にはそうではないかもしれませんが、感覚的にはそうです。

 

僕は最初全く引けなかった曲が、ほかの曲を弾けるようになったことで弾けるようになった経験を何度もしています。その曲を弾くためのテクニックがほかの曲を弾くことで勝手についたんでしょうね。

 

勝手についてくる知識

例えばコードなど、何も難しい名前などを知らなくてもあなたがコピーした曲に出てきたものは覚えます。ある程度やったら自分の中で整理してみる事も必要ですが出来るようになるんですよ。

 

スケールがどうとかこの場合はこのコードが弾けないとかややこしい事は考えず、あなたの好きなギタリストがやってる事をそのまま真似してそれを使っていけばいいんです。知識はそのうちに必要になってくるかもしれませんが、そこに到達する前にある程度の事は理解できてると思います。なのでそこは考えずやっぱり楽しんでどんどんコピーをする事。そこに行き着きます。

 

僕は一時期音楽理論を凄く勉強した時期がありました。その経験は無駄ではなかったと思いますが、その前にやっておけばよかったことは山ほどあります。それをこの5年ほどでやった感じです。

 

前にも行ったかもしてませんが、この5年が僕のギター人生で一番充実して楽しい時間でした。是非コピーをしまくってギターを好きになりましょう。

 

そしてその中でつけた知識や音楽観、楽しい事を僕に教えてください。

 

次回はレッスン2をお送りします。これを続けるとある一つの事に行き着く仕掛けになっていますのでぜひ頑張ってやってみてください。