読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【ギターアレンジ】 自由自在にフィンガーボードを操る!! 

皆さん自由自在にアレンジが出来るようになれたらいいなと思いませんか?今はやりの曲、懐かしいあの曲をギター一本で再現してみたいなと。僕はそう思ってます。

 

では、どうしたらそんなこと出来るようなると思いますか?

 

Birth of the first star

 

音楽理論を勉強する。

 

いろんな人のアレンジをまねてみる。

 

いろんな方法があると思います。僕もいろいろな方法を考えては妥協し、また違う事にチャレンジしては妥協し、という事を繰り返しながら少しづつアレンジをする感覚が分かってきました。と言ってもまだまだ手探り状態ですが...

 

今回少しいい感じでアレンジが出来ているのでその事を少し書いてみようと思います。

 

メロディーを覚える

 

これは一番重要ですよね?メロディーが弾けなければ話になりません。まずは何も考えずメロディーを弾けるようになりましょう。この時、いろんなポジションで弾ければベストですがとりあえず一つのポジションでやってみましょう。理由は次のセクションで。

 

コードを弾きながらメロディーをトップに持ってくる

 

これは少しコードの知識が必要かもしれません。いろんなポジションでコードを弾くこと、コードインバージョンを使う事。(インバージョンの事はもし興味があればまた別の機会に説明したいと思います。)

 

コードの知識がない場合なかなか難しいとは思いますがとりあえずある程度あるという事で話を進めていこうと思います。(違う機会に説明したいと思います)

 

いまコードの譜面はネットでどこでも探せます。まずはそこに書いてあるコードとメロディーを一緒に弾いてみましょう。

 

これだけでも何とか形になると思いますが、もう少し深くいってみます。

 

音楽理論など知っている知識をとりあえずはめてみる

 

ここがポイント。皆さん音楽理論を勉強したことってありますか?でも、ただ知識として知ってるだけでは何の役にも立ちません。その知っている知識を実際にやってみて初めてその知識があなたの物になるんです。

 

そんな事にようやく気付きいろいろと試しながらやってますが、実際やってみるといろいろなアイデアが出てくるようになります。

 

では、もう一つの事

 

 

コピーしたコード、フレーズなどを実際に使ってみる

 

これも前の事と同じことです。僕は音楽理論よりもこっちの方を大事にしています。と言うかっこちの方が僕にとってわかりやすいので、やりやすいという事でしょうか?

 

何気なくやってる事を一度分析してみましょう。そうすると知らないコードなど結構使ってます。それを何コードだとか理論的に調べる必要はないと思います。その音の響きやその前後のコードなどを考えそれと似たようなコード進行が出てきたときにはめてみるという事ですね。

 

これを最近やり始めたんですがなかなかいい感じです。ぜひ動画などでお伝えできたらいいなと思ってます。(そのうちやってみますね)

 

まとめ

 

どんなアレンジをしてみたいかイメージすることも大切だと思います。ある程度の知識や技術は必要になってきますが思い切ってやってみましょう。その中からいろんな発見もあると思います。

 

それと、皆さんそれぞれやられてるジャンル、スタイル、レベルなど様々だと思いますが、とりあえずやってみて失敗をしてさらにその失敗から学びながら継続していく事が自分のスタイルを確立していく事だと思ってます。ぜひ今回書いたことを参考にし、さらに自分なりのやり方を見つけていってください。その際はぜひ僕にも教えてください。

 

これからもいろいろなアイデアを紹介していきたいと思ってます。

 

お楽しみに!!