読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぃんがーぴっきんぐまいるすとーん これが僕の歩む道

僕のギタージャーニー!今までやってきたこと今取り組んでることなど、ギターを美しく演奏する事とパフォーマンスをする事に視点を置いて、そこからいろいろな事を追及していきます。

【注目】おろそかになってませんか?! 一番大事な基礎

ギター基礎知識

という事で、オープンマイクの事は前回書きましたが、そういった場所で人の演奏を聴いてるとやっぱり気になるところはギターのチューニングです。

 

このトピックはギタリストにとってまず解決することはないというくらい深い内容だという事をまず最初に言っておき本題の方に入りたいと思います。

 

Guitar


 

 

 

普段から癖をつけておくこと

 

人の演奏を聴いていて、歌は上手だし、ギターも綺麗に弾いてるのに何か違うんだよな?と思うことありませんか?それってたぶんチューニングが微妙に狂ってるんじゃないかと思うんです。チューナーを使って完璧に合わせてもそのチューナーの感度によって幅があるのであってるつもりでも合ってないんです。なので

 

いつも耳で合わせることを習慣づける事!

 

をお勧めします。チューナーを使ってまずは合わせ、その後自分の耳で微調整をする。そうすることによって耳が良くなっていきますし、演奏のレベルが1つ上がります。これは間違いない事です。ぜひ意識してやってみてください。

 

カポをつけた時に

 

皆さんステージで見てるとカポを付けた後にチューニングをしてる人ってほとんどいないんですね。結論から言うとカポをつけると多かれ少なかれチューニングは狂います。それはギターの特製上しょうがない事なのでカポを付けた後チューニングを確認することも是非習慣づけてください。

 

そのギターの特製はまたほかの機会に説明したいと思います。

 

ドロップD など変則チューニングに変えた時

 

この時もチューニングは狂うと思ってください。ギター全体のテンションが変わるためこれもしょうがない事なのです。

 

最後に

 

みなさんチューニングを意識することで自分の耳が圧倒的によくなります。耳が良くなれば耳コピをする時間も短縮できますし音楽をやるうえで重要な耳を養うことが出来ます。あなたの好きなギタリストのプレーをよーく聞いてみてください。そしてあなたのプレーを聞いてみてください。何か違う所があると思います。その一つがチューニングです。

 

ぜひもう一段階上の演奏をする為に気をつけてみて下さい。